山奥快適キャンプ日記

大自然のどまん中でらくらく快適なキャンプを目指すサイトです。

一の瀬高原キャンプ場

2017一の瀬高原キャンプ場ー2 2017年5月20-21日

今年は一ノ瀬に釣りキャンプ通います。天気の良い5月の週末にちょっくら行ってきました。

前の晩に飲み会で早起き出来ず、中央道三鷹の辺りで事故大渋滞にハマる。一ノ瀬林道は落石通行止め、落合からぐるっと回って昼過ぎに到着。

当然良さそうな川辺サイトは先客あり、でも、しらかばサイトは先客がいなくて久しぶりここに決定。

いつもの場所、いつもの感じでサクサクっと設営終了です。

夕方段々暗くなってきて宴会開始です。

大好きなバーボンでちびりちびり始めます。

釣りはヘタクソなのか魚が居ないのか、食べごろサイズは一匹だけ、でもうまそう~

全然寒くないけど、焚火でしんみりを味わいます。

朝の釣りも完敗(涙)でも天気は最高、すがすがしい。

サクサクっと撤収。

天気が良くて気持ちの良いキャンプでした。釣りの方はちょっとダメですね。釣り方もっと勉強しないとダメかな。

2017一の瀬高原キャンプ場 2017年3月18-20日

3月解禁となり年券も買って、今年最初のキャンプ&イワナ釣りに行ってきました。三連休天気にも恵まれました。

荷物を両手に抱えて左側の階段を五往復!ちょっとしたリハビリですね。

荷物運びやっと終わりこれから設営。

設営終了。これが終わればばっちり装備だから快適キャンプの始まりです。

ソロキャンプの食事はインスタントやレトルトで簡単に作ることに。山の中で食べる新製品の一平ちゃん焼きうどん最高!

このごろは色々なレトルトのスパゲッティーに凝ってます。簡単ですごく美味しい。

釣りの方は、まだ水温が低いみたいで活性がイマイチ、小さいのばかり。キープサイズはこのヤマメとイワナ一匹づつでした。

夜の冷え込みに備え、寝床の防寒対策はバッチリ準備。それでも寒かった~。朝方氷点下5℃まで冷え込んだよう。

日が暮れてからは豪快な焚火で寒さを凌ぎました。

釣ったヤマメとイワナは塩焼きにしておつまみでおいしく頂くことに。

自然の中で飲むバーボンは最高です。寒いときはお湯割りがいいですね。

冬のキャンプ場は木に葉っぱが少なく、昼間は明るく温かいです。

渓流横の山肌にはまた雪がしっかり残っていました。

朝食はお茶漬けとお味噌汁とヘルシーに。

朝方の冷え込みは相当なものだったけど、重装備のおかげで、快適な冬のソロキャンプでした。

年券も買ったし、また行こっと。

 

2016一の瀬高原キャンプ場2 2016年9月2-3日

今年もう一度イワナに会いたくなって、またまた一の瀬釣りソロキャンプに行ってきました。

dsc07456b

今回はがんばって違うサイトへ。人気のさわぐるみに。がんばって荷物を運び込みました。

dsc07395

dsc07404b

サイトの目の前を沢が流れ、すばらしい雰囲気ですね。涼しくて、すぐに手も洗えるし、ほんとに気持ちがいい。

一つだけ欠点が!沢が近すぎて音がうるさく音楽がよく聞こえません。それ以外は最高の雰囲気です。

dsc07409b

しかしこのサイトに設置するのに荷物を担いでこの階段を四往復!ヘトヘトに。

dsc07453

dsc07442

まわりには誰も居なくて、本当にひっそりしています。そこで、一人まったり~。

dsc07413

dsc07419

釣りの方は、まあまあ当たりがありました。なんと!夕方、夕食の準備をしながらテントの前で何気なく釣り糸を垂らしたら一番大きなイワナがヒット!食べ応えのある塩焼きに。二匹だけキープして夕食の食材にしました。

dsc07434

夜は寂しさを紛らわすために豪快な焚き火に。

沢沿いのサイト設営は、荷物搬入の大変さも相当ハードで、ますますワイルドなキャンプに。そのかわり素晴らしい自然の雰囲気が味わえますね。テント目の前でイワナも釣れたし。最高でした~。

 

2016一の瀬高原キャンプ場 2016年8月18-19日

これで三回目、一の瀬高原ソロキャンプ。一人だとこのワイルドな環境にどうしても行きたくなってしまう。イワナも釣りたいし。

DSC07359b

受付したあと設営場所決めで場内を少し回ったけど、荷物運び大変だし考えるも面倒くさいので、やっぱりここに。

昨年と違って、草が大きく刈り取られていました。道もきれいになって歩きやすい。

DSC07361

DSC_1834bb

DSC07381

昨年までは草ボウボウだったけど、きれいに刈られて広々。少々寂しい感じ。

真夏のど真ん中でも下界と違ってここはひんやり涼しくて快適です。

DSC07384

沢はやや増水、にごりが僅かにあり、釣れそうな感じ。

でもシトシト雨が降ったり止んだりして、一日目は軽くしただけで、当たりはありませんでした。

DSC07366DSC07370

二日目の午前中はキャンプ場回りを釣行。あたり多数、バラシ多数、釣果も二桁は行ったかな?

最高が25cmのとてもきれいなイワナ、それ以外はほとんどヤマメ、アマゴ。

写真の十分食べごろサイズ二匹のみ、キープさせて頂きました。

本当は二泊の予定でしたが、三日目朝は台風接近で間違いなく雨との予報。二日目の夕方、テントを乾かして撤収しました。

次回は違うサイトに行こうかな。沢沿いにがんばって荷物を運んでみようかな。

2015一の瀬高原キャンプ場 2015年9月11-13日

台風が過ぎ天気が回復した金曜日から、今年も行って来ました一の瀬高原キャンプ場へイワナ釣りワイルドキャンプへ。せっかく買った釣り年券も今月いっぱい。天気予報を見ながら決行することに。

DSC06619

いきなり台風の影響で近道の一の瀬林道は通行止め!ガーン!もうひとつの遠回りの林道を使ってキャンプ場を目指すことに。

DSC06556

DSC06484

DSC06532

昨年と同じしらかばサイト、全く同じ場所にテント設営。こういうのってなんか保守的になるんですよね。

ワイルドでひっそりしててソロには快適な場所ですわ。今年買って試してなかったマイクロリラックスチェアの座りごごちも試してみることに。うん、安いのになかなか快適です。

軽く昼食を取って早速キャンプ場内の渓流へイワナ釣りに向かいます。

DSC06493

DSC06549

DSC06550

このキャンプ場の沢沿いはとにかく野趣に溢れています。この雰囲気大好きなんだなあ~。この雰囲気で釣れると最高の気分になるんですよね。

DSC06531

第一テントサイトにあるトイレはなにか怖い雰囲気です。ここでする勇気はありません。。。

DSC06494

釣果のほうは、増水でポイントが絞れず苦戦。。。小さいのは沢山釣れたけど全部リリース、食べごろサイズは結局二匹だけでした。シブ~。

DSC06536

DSC06554

DSC06507

夜は釣ったイワナを塩焼きにして宴会タイムです。ちょっと寂しいけどすがすがしく、ゆっくりくつろげます。イワナもお肉もカレーもウイスキーもうま~!最高です。

DSC06505

DSC06613

DSC06593

二日目の夜は豪快に焚き火をして寂しさを紛らわすことに。本当は少し肌寒いんだけど、大汗かく暑さに。

DSC06621

丹波山の温泉でさっぱりして帰路へ。丹波川はすごい増水してて、春来た護岸の様子が大きく変わっていました。

もう少しイワナがたくさん釣れてくれたら最高なんだけど、この釣りの腕前ではいい方かな?

また来年も行きたいですね。

2014一の瀬高原キャンプ場2014年9月13-15日

生まれて初めてのソロキャンプに行ってきました!

最もワイルドで、ママとのキャンプではちょっと無理だけど、イワナが釣れて、結構近場で、前々から一度行ってみたいなあ~と思っていたキャンプ場。

三連休は天気もまず良さそうなので、決行!することに。

DSC_0962

少し仮眠を取ってから渋滞を避けるために自宅を深夜に出発。この辺は船釣り行くのと同じ要領で。

奥多摩の奥の奥、一の瀬高原に早朝に到着!中々山奥な感じですね。こんな自然が東京の近くに残っているなんてビックリです。

早朝から、やさしい管理人さんご夫妻の丁寧な説明を受け、早速サイトを設営することに。

DSC_0964

生まれて初めてのソロテントあっと言う間に完成。先月デビューしたウェザーマスターデュオドームのソロデビューです。天気もよく、木陰げになっているところに設置したので、キャノピーのターフは広げなくても涼し~。ワイルドな大自然に包まれたサイトって感じ。

このテントにした理由は、ターフがなくても広い全室に全ての荷物を入れられそうだったから。ばっちり全て入りました。真ん中の椅子から立たなくても全ての物が取れます。今回初めてのソロキャンプということで、テントと椅子以外は全て今まである道具を使うことにしました。何が必要で何が不要かを知りたかったので。おかげで荷物はあんまり減量できなかったけど、車ならこの位いいかな。

DSC05974

このキャンプ場、評判どおりとにかく広い広い。。。そして、すごい高低差。良いサイトはほとんど駐車場から坂を下って荷物を運ばなければなりません。大変!でもこのような沢沿いのサイトが人気があるみたい。たしかにすごくいい雰囲気ですな。

DSC05960

本当は沢沿いが良いんだろうけど、そんなに沢沿いに思い入れもなく、少し高台のサイトを選びました。川が全く見えないのはちょっと雰囲気ないですが。。。。川音はどこでもよく聞こえますね。。。。

DSC05965

設営と早めの昼食後、キャンプ場内の沢に早速釣りに。

出ました!イワナ!22cm!こりゃ幸先いいかも!一日目は2匹釣ったところで止めました。当たりはまあまああったけど、魚の警戒心の強いこと強いこと。思うに、東京に近く放流数も多いが釣り人も多し。釣って食べるよりもキャッチアンドリリースのベテランの割合も多く、魚の数はある程度居るけど擦れてる魚多し、と思いました。

DSC05988

ランタンの光の下で、炭火でじっくり塩焼きしておいしく頂きました。いや~、イワナってじっくり焼くと甘くなって最高においしいですね。

1410761062544

夜は回りに誰もいない真っ暗な中で、怖さを紛らわすために、ランタンの光と焚き火をフルパワーにして酔っ払います(笑)

ここは1300mの高原、やっぱり夜は相当冷えます。寒~。

DSC06010

翌朝はたくさんの当たりがあったけど、かなりバラしてしまって、20cm一匹だけでした。昨日の連休初日からかなりの釣り人やキャンパーが沢沿いを歩いているので、更に警戒心が強くなっているみたい。おんたけのイワナとは警戒心が相当違う印象。

1410760927291

DSC_0985

朝はサイトに日差しが入り爽やかです。

DSC06014

昼間はキャンプ場から車で30分位下りたところにある温泉に行って来ました。結構人気があるところのようで、午後には駐車場が一杯でした。午前中に行ってよかった。とても気持ちのよいお湯でした。

DSC06020

DSC06019

DSC_0992

午後はちょうどよい日和の中で、お昼寝、読書とまったりしました。

 

今回、天気に恵まれ、イワナも食べる量は釣れて、ゆっくり過ごすことができました。ソロキャンプっていいっすね。(笑)みんなで行くキャンプとは違った楽しさがあります。

また行こっと!