山奥快適キャンプ日記

大自然のどまん中でらくらく快適なキャンプを目指すサイトです。

2014おんたけ森きりオートキャンプ場 2014年4月26-30日

2014おんたけ森きりオートキャンプ場 2014年4月26-30日

DSC05814

ターフの中のランタンの灯りは、いい雰囲気を出しますね。

友達と来ると積もる話で盛り上がるんだけど、ママと二人では話すことがない!?

 

恒例のGWおんたけ森きちキャンプ。今年も行って来ました!今回は5月の連休を避け、飛び休の4月に行ってきました。

 

DSC_0830

初日はまず、おんたけ山のスキー場を見に行くことに。とっても暖かい日でしたが、たのしく滑っているスキーヤーが居ましたね。

DSC05795

一泊目は近頃やってる宿泊まり。こうすると、出発前のキャンプ準備疲れと寝不足を癒してから、ゆっくりキャンプ場に行けるのです。今回は名古屋市おんたけ休暇村に泊まりました。大きなお風呂と夕食がおいしかった。建物はちょっと古いけど、公営ならではの雰囲気あります。

DSC_0839

今年も来ました!王滝村滝越!この人里放れた岐阜との県境、山奥の雰囲気がいいんだな。

DSC05800

今年は前々から考えていたB-3サイト。サイトが広く、川へ行ける道もあって、早くから予約したのですが、なんと!3泊全て他の客なし!我々だけでした。飛び休だとGWと言えども空いてるんですね。5月からは混んで来るといつもやさしい管理人のおじいさんが言ってました。

DSC_0843b

やっぱりGWの夜は冷えるので、スクリーンターフをテントと直結しました。ターフの中は暖かいです。酸欠に注意ですが。。

テントの中は、電源付きで電気カーペット、暖房代わりの布団乾燥機の温風で寒さ知らずの快適空間です。

DSC05810

夕食は毎度のバーベキューと鍋。一日目はキムチ鍋。寒いときに暖まってGoodでした。

DSC05807

ちょいとハンモックを設置、ほとんど使わないで終わってしまった。。これは設置時の記念撮影。

DSC05809

このキャンプの楽しみのひとつ、ワイルドターキー8年ものをお湯割りにして、森の中でちびりちびり。うーん最高っす!

DSC_0853

ターフの中のランタンとU字溝の焚き火がいい雰囲気醸してくれます。 でも夜は我々しかお客が居なくて怖かった。熊がでたらどうしよう~なんて。炊事場の電気つけっぱなしにさせてもらいました。

DSC05816

翌日の朝からは、横を流れている白川へイワナ釣りへ。遠くに御嶽山が見えます。

DSC05818

今年は渋かった。どれも小ぶりのイワナばかり。まだ近くで放流をしてないよう。

しかも今年から遊魚料なんと2000円に倍の値上げ!魅力半減です。トホホ。。。

DSC05822

いつでも食べられるように作ったポトフ。朝昼夜とちょっとずつ食べていくことに。

DSC05824

釣ったイワナを塩漬けにして、天日干しに。保存が効いてこの方が焼くとおいしい。

DSC_0855

二日目は昨日まで泊まった休暇村併設の温泉へ。こもれびの湯は、特に内風呂が名前のイメージと正反対の超鉄錆色の濃厚温泉でした。湯面に泡が浮いているほどの濃さ!いろいろ効能がありそうです。

13993568861411399356893775

 

DSC05826

昼間はゆっくり森林浴を楽しみます。

DSC05827

二日目の鍋は、横の川原で採った天然ふきのとう入りすき焼き。 GW最初のお客だったからかな。川原のふきのとうがまだ誰にも採られず、たくさん咲いていました。

DSC_0857

二日目の夕方から雨が降り出して、3日目の夜からは本降りに。。。。

ターフの中は快適だけど、雨音がうるさいなあ~。もってきた音楽のボリュームを上げることに。

DSC_0863b

三日目の夜から、猛烈な雨に。。。なんとターフの中に水溜りができてしまい、水浸しに。

急遽サイトの端に川を作ると、りっぱな川になってしまった。。。

サイトの水はけは悪くないんだけど、ここまでどしゃ降りだとしょうがないかな。

DSC_0869

翌朝、小ぶりになったところで急いで撤収しました。白川はものすごい増水してた。

DSC05848

テントの後がくっきり残った撤収終了後。

我が家のキャンプ史上もっとも強烈な雨でした。たくさん行くとこんな経験もあるかな。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください